記事

ものづくり補助金の申請サポートは【プロコン補助金.com】へ!

この記事では、「ものづくり補助金の申請サポート」について説明します。
ものづくり補助金に応募申請する場合、事業者が事業計画書を作成し申請することもできますが、コンサルタントや支援機関に申請サポートを依頼と、様々なメリットがあります。
ここでは、支援機関にサポートを依頼した場合に受けられるサービス内容や利用するメリット、費用などをご紹介します。

1.ものづくり補助金とは

「ものづくり補助金」の正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」です。
中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するもので、製造業などものづくりを担う企業のほか、小売業や飲食業など幅広い業種が適用対象とされています。

2.ものづくり補助金の概要

ものづくり補助金の概要は以下のとおりです。(2023年12月現在)

補助金額 補助金額(上限)
[通常枠] 750万円~1,250万円(※)
[回復型賃上げ・雇用拡大枠] 750万円~1,250万円(※)
[デジタル枠] 750万円~1,250万円(※)
[グリーン枠] 750万円~4,000万円(※)
[グローバル市場開拓枠] 3,000万円※従業員規模等により補助上限の金額が異なる。
補助率 [通常枠] 1/2 ・2/3(公募要領を参照ください
[回復型賃上げ・雇用拡大枠] 2/3
[デジタル枠] 2/3
[グリーン枠] 2/3
[グローバル市場開拓枠] 1/2 ・2/3(公募要領を参照ください
補助対象経費 機械装置・システム構築費、技術導入費、クラウドサービス利用費、外注費等
詳しくはこちら   

3.ものづくり補助金の採択率は

ものづくり補助金の「一般型」(16次締切分まで)における採択率は、およそ50~60%で推移しています。
採択者数は2000~3000者の間で、申請者数に応じて増減する傾向が見られます。
採択率に関しては、詳しくはものづくり補助金総合サイトを参照ください。

4.ものづくり補助金の申請サポートとは

ものづくり補助金の申請サポートとは、事業者が行う補助金申請に関わる様々な手続きを補助金申請業務に詳しい専門家が地毛にゃ補助を行うサービスのことです。
申請に必要な書類の中核となる事業計画書の作成では、申請したい補助事業内容について専門家がヒアリングを行い、審査項目を考慮した計画書作成を支援します。
また、補助金申請には事業計画書以外にも多数の提出書類があり、申請する枠や条件によっても提出書類が異なるため、必要書類や内容の確認を行います。
近年は補助金の申請は郵送等ではなく電子申請によるものが一般的になっており、電子申請の手続きや操作方法についてもサポートします。

5.申請サポートは必要か

ものづくり補助金の申請において、専門家のサポートは必須ではありません。
事業者自身で申請を行うことは可能ですが、分量の多い公募要領を読み込んで理解し、多くの申請書類を揃える必要があるなど、特に初めての申請時には分からないことが多く、想定より多くの時間を取られることがあります。
例えば、以下に当てはまる方は申請サポートを検討されてはいかがでしょうか。

補助金申請の経験がない

補助金申請には特有の用語や規程も多く、「どこから手を付けてよいかわからない」「書類を揃えてみたが、これで全て揃っているかどうかがわからない」など、不安を感じる方も多くいらっしゃいます。
初めて申請する場合には専門家にサポートを依頼すると、公募要領の内容など一般的な内容から申請後の流れも含め助言を受けられ、安心して申請が行えます。

申請準備の時間を取れない

本業が忙しく、申請準備に十分な時間を確保できない方も多いと思います。
細かい書類の作成や整理は専門家に依頼し、ご自身は事業計画の立案に集中するなど、業務に影響が出ないような態勢を整えましょう。

採択率を少しでも高めたい

前述のように、ものづくり補助金の一般型における採択率は50~60%で推移しています。
万一不採択になった場合も次回以降の公募に申請することはできますが、事業の開始が数ヶ月遅れることになり、ビジネスチャンスを逃す可能性があります。
専門家のサポートを受ければ必ず採択されるというわけではありませんが、採択のために重要なポイントを理解した専門家の助言を受けて事業計画書を作成することで、少しでも採択の可能性を高めることが可能となります。

6.プロコン補助金.comの申請サポートサービスについて

プロコン補助金.comの申請サポートサービスの特徴は、以下の通りです。

①事業の成長や経営改善に繋がる事業計画書の作成サポート
プロコン補助金.comは補助金の獲得のみを目的とした事業計画書ではなく、プロの経営コンサルティングとして事業者の売上向上や新たなビジネスモデル確立など、中長期的な事業の成長や経営改善に繋がる事業計画書の作成をサポートします。

その結果として、プロコン補助金.comがサポートした申請の採択率は90%以上の実績につながっています。

②様々な専門性を持つ専門家集団がサポート
プロコン補助金.comのサポートを担当するコンサルタントは全員が補助金申請支援の専門家であるだけでなく、それぞれが営業、マーケティング、ものづくり、新規事業、システム開発など補助金申請支援以外の分野で高い専門性を持つプロコン(プロのコンサルタント)です。

事業者の業種や事業内容、課題に対して最適な人選を行い、補助金申請だけに留まらない経営サポートを行うことが可能です(着手金でのサポートに含まれます)。

③きめ細かなサポート内容
無料の初回面談、事業計画書作成以外にも、採択後の交付申請や万一不採択となった場合の次回申請など、補助金申請に関わる業務全般において丁寧にサポートします。

④料金体系は明朗会計
プロコン補助金.comの料金は、着手金が10万円(税別)、成功報酬が補助金受領額の10%(最低金額50万円(税別))です。
着手金に含まれるサービスは、①経営改善に繋がる的確なアドバイス、②採択率を高める事業計画書の作成代行、③電子申請サポートや提出書類に関するアドバイスなどです。

7.他の支援機関と比較検討をおすすめします

プロコン補助金.comでは、申請サポートの依頼をお考えの方には、我々以外にもいくつかの支援機関と比較検討されることをお勧めしています。
支援機関によって、費用だけでなくサポート範囲や得意分野が異なります。
ホームページなどに掲載されている内容だけでなく、実際に面談などを行った上で、申請サポートを受けるかどうかも含めて比較検討されることをお勧めします。

8.問い合わせ、支援申込はこちら

プロコン補助金.comでは、高い専門性を持つ経営コンサルタントが、実務に沿った実効性の高い事業計画の作成から交付決定まで支援します。ぜひ、プロコン補助金comにお問い合わせください。

 

関連記事

  1. ものづくり補助金_条件 ものづくり補助金の条件とは?②達成すべき要件
  2. ものづくり補助金は個人事業主でも申請ができます
  3. スケジュール ものづくり補助金のスケジュール(2)採択発表後の「いつ?」にお答…
  4. 【18次公募】ものづくり補助金のグローバル枠について解説します
  5. 【18次公募】ものづくり補助金の製品・サービス高付加価値化枠(通…
  6. ものづくり補助金の申請方法とは?
  7. ものづくり補助金の採択率の傾向(1)
  8. ものづくり補助金の交付申請とは?
PAGE TOP