ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

ものづくり補助金の採択率90%超を誇るプロのコンサルタント集団がサポートさせていただきます。
現在、8次申請のお問い合わせ受付中(初回面談無料です)。
次回の申請(8次)は2021年11月11日締切、2022年1月中頃に採択発表となる見込みです。
ものづくり補助金スケジュールはこちら
・経営改善に繋がる支援だからこその高採択率(ものづくり補助金の採択率90%超)。
・採択時は交付決定まで丁寧にサポート。
・不採択時は不採択理由を分析し、次回の申請までしっかりサポートさせていただきます。

<補助金の概要>

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援することを目的とします。
また、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、社会経済の変化に対応したビジネスモデルへの転換に向けた新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者に対して、通常枠とは別に、補助率を引き上げ、営業経費を補助対象とした「新特別枠」として低感染リスク型ビジネス枠を新たに設け、優先的に支援しています。
この補助金の傾向としては、令和元年度補正予算3600億円および令和二年度第3次補正予算2300億円の一部として実施される補助金で、もう5年以上継続して行われています。通年で公募があり、かつ3か月ごとに締切がありますので使い勝手がよく、最大で3千万円が補助されるということも魅力のひとつです。採択率は、全国平均で30~50%程度です。

実施機関 経済産業省(中小企業庁)
公募期間 2021年9月~2021年11月頃の予定(第8次)
補助金額、補助率
  • 一般型:~1,000万円 補助率 1/2(中小企業)、2/3(小規模企業)、2/3(低感染リスク型ビジネス枠)
  • グローバル展開型:補助額 ~3,000万円 補助率 1/2(中小企業)、2/3(小規模企業)
補助対象経費 機械装置・システム構築費、外注費、クラウドサービス利用料、技術導入費等(低感染リスク型のみ広告宣伝費・販売促進費も対象)
主要申請要件
  • 事業者全体の付加価値額を年率平均3%以上増加
  • 給与支給総額を年率平均1.5%以上増加
  • 事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)を地域別最低賃金+30円以上の水準にする
ホームページ等
その他
<申請のポイント>

ポイントとしては、①今回の補助金で機械装置を取得しなければならない必要性、課題を解決するための具体的な達成手段を示すこと、②審査基準を網羅的に説明し、審査員にアピールすること、特に、新規性、実現性、収益性、社会性の視点が重要となります、③業界の専門用語等がなく、わかりやすく申請書を記入すること、④事業継続力強化計画の承認を得る等、複数の加点オプションを活用し、採択率を高めること、です。

<当社の支援内容・コンサルフィー>
支援内容 補助金の申請書作成、交付申請支援
着手金 10万円(税抜) 契約後、1週間以内に振り込み
成功報酬 補助金の10%(最低50万円(税抜))、交付決定日の翌月末以内に振り込み
採択実績 【グローバル展開枠】
・東京都 製造業 「グローバルニッチトップの座の確立(自動化設備及び耐久試験機の導入) 補助金額 2,525万円
【一般枠】
・東京都 製造業 「高付付加価値な材料試験治具の製作(ターニングセンターの導入)」 補助金額 1,000万円
・東京都 製造業 「生産リードタイムの抜本的な改善(画像測定器の導入」 補助金額 485万円
・東京都 製造業 「高精度な開発・試作品の製作の実現(横型 複合加工機の導入)」 補助金額 1,000万円
・福岡県 印刷業 「抜本的な生産性の改善(最新版CTP刷版機の導入)」 補助金額 1,000万円
など多数

 

Information

PAGE TOP